代表メッセージ

企業に - 発展の礎となる良い人材を
人々に - 生活の礎となるやりがいのある仕事を

代表取締役社長 高須賀 洋樹

《百社百様の採用課題の解決に向けて》

オイルショック真っ只中の1974年8月、東京都渋谷区神宮前の雑居ビルで当社は産声を上げました。「企業30年説」という言葉もある中、早いもので創業44年目を迎えました。バブル景気とその崩壊、ITバブルのあっけない終焉、リーマンショック、アベノミクス等、様々な経済局面を経て44年目の今日があるのは、ひとえに皆様の温かいご支援の賜物と深く感謝を申し上げます。

私どもは求人者(企業)と求職者(学生・社会人)をつなぐ就職情報会社として、創業以来「クライアント企業様の採用の成功=当社の発展」を基本ポリシーに掲げて取り組んでまいりました。モノを作る、サービスを提供する、新たな価値を創造する、いずれをとっても「人」の成す業(わざ)であり、企業様の将来の発展を決定づけるのは、そこに集う「人材」によるところであることは論を俟たないものと存じます。また、その「人材採用」における課題、悩み、問題点は、百社の企業があれば百様にあろうかと存じます。その課題、悩み、問題点の解決に向けて真摯に取り組み、実効果のある採用企画・手法をご提案し、企業様の採用を成功へと導く事こそが当社の存在価値であり、使命だと認識しております。

一方、「人」にとっては、自らの生活・人生を実り豊かなものとするうえで、どの職場でいかなる仕事に就くのかは避けて通れない大命題であり、生き生きと働ける仕事を「発見」していただくための、魅力のある企業紹介、まやかしのない情報提供は私どもの大きな責務と考えます。

「企業に良い人材を、人々にやりがいのある仕事を」。現代社会において私どもの果たすべき役割は、無限にあると信じております。今後も「採用のプロ」集団として、社会からより必要とされる会社となるべく、弛まず精進を重ねる所存でございます。